2010年09月21日

Fリーグ 神戸vs湘南

5年ほど前にスペインに行って鈴村選手のプレーを始めてみた。
そして、会って話をするうちにふと思ったことがあり、彼にこんな話をした。

「あなたとそっくりな選手がうちにいるよ!」

それが涼太だった。

涼太にも

「お前にそっくりだよ!」

「いつか会わせたいな!」

なんて言っていたら、鈴村選手が岐阜にクリニックに来てくれるようになり、そのお世話係に涼太を抜擢!
もちろん二人は意気投合し、はたから見れば師弟関係のようになっていた。

これまでのキャリアには雲泥の差がある両選手だが、根っこの部分はすごく同じ匂いがする。
この感覚はなんだろ!?

初めて会った時には全く違う舞台にいた二人が、この日は同じ舞台で真剣勝負を繰り広げた。
幾度かマッチアップもあった。

新米と大ベテランの差は否めないものの二人を知っている自分には感慨深いものに変わりはなかった。

二人ともつらい時期を乗り越えて今この舞台にいる。

立場は違えどあきらめなかった者同士が戦っていた。

こんなドラマを少しのぞき見ることができて少し得しています。

彼らはプレーで人に何かを伝えることができる選手です。
posted by しゅう at 00:49| 岐阜 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。