2006年11月07日

スペイン滞在記20『Toledo y Madrid』

この週末は、TOLEDOとMADRIDの街を満喫。

まずはTOLEDO。
もともとはスペインの首都だった場所らしく日本で言う京都のような場所なのかな!?ここは町全体が世界遺産になっているんだけど、その世界遺産に普通に人が住んでいる。町全体が要塞のような造りになっており、細い石畳の道が迷路のように入り組んでいる。
P1000695.JPG
上の写真の道はまだ広いほう。背の高いアパートに囲まれ視野が塞がれた細いくねくねした坂道の路地をはぁーはぁーいいながら歩きました。
まるで映画の中にいるような気分にさせてくれる街でした。

そしてMADRID。
TOLEDOから新幹線のような電車で約30分。
Talaveraとは全く違うイメージの大都会です。
様々な人種の人が行きかい、建物こそはヨーロッパそのものですがまるで東京にいるような感じがしました。
非常に物価が高く、同じものなら日本で買った方が少し安いくらい。おしゃれな店も多く、いろんな店を回りましたがとても買う気にはなれずにそのまま退散。
P1000680.JPG
この写真はMADRIDの駅の中ですがなんか味があるお洒落なところでしょ!?

そして地下鉄に乗り、メインの『REAL MADRID』の試合が行われる『Santiago Berunabeu(サンチァゴ・ベルナベウ)』スタジアムに到着です。
P1000686.JPG
日本から来ているサッカー留学生の子達と一緒に行ったのですが、

「俺達の席はどこだ・・・。」
(どんどん上に上がっていきます)

(どんどん上に・・・)

(さらにどんどん上に・・・)

な、なんとスタジアムの最上列!
8万人収容のスタジアムの最上列。。。
ロナウドが太っているかどうかは確認できません。
P1000689.JPG
試合結果はレアルの負け。
内容は「・・・」でしたが、世界最高峰のチームや選手、スタジアムを見れただけでも幸せな気分。そして、やはりスペインの観客は目が肥えてます。あらゆる場面で、歓声、拍手、ブーイングが起こります。
「良く見てるな〜、この人たち。」
ってな具合です。

この2日間は、これら以外にもたくさん刺激をもらいました!後々少しずつ紹介できればと思っています。

土曜日の試合で『Az.Ramos Talavera』は0−7での敗戦で3連敗。
「熱い1週間になるな。」
とは、関係者のコメント。厳しいプロの世界、誰も言い訳はできません。

私は最後の1週間。
まだまだ吸収できることがたくさんあります!
posted by しゅう at 01:00| 岐阜 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | スペイン滞在記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
刺激的な2日間になりましたね!!スタジアムの大きさに驚き(−_−#)後、タラベラ滞在もわずか…なんかこんな遠い国からのブログがなくなると思うとさみしいですね(∪o∪)。。。
Posted by ボニータ at 2006年11月07日 20:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。