2006年11月14日

スペイン滞在記24『学校訪問』

日本に帰ってきて2日目。
のんびり家族と過ごしましたが、時差ぼけで一日中眠く、夕食中にとうとうギブアップ。。。そしてまた、中途半端な時間に目が覚めてしまいPCに向かっているという状況です。

さて、今回は『Az.Ramos Taravera』が行っている学校訪問について!
このチームのホームゲームがある週にチームスタッフと選手3人が学校を回ります。
チーム紹介や選手紹介、子供達に対するメッセージや質疑応答をして交流をするという活動をしています。
最後には試合の招待チケットやチームTシャツ、その他のグッズのプレゼントそしてサイン会など行います。
P1000708.JPG

『地域密着』

このような「種まき」が後の「花」となって現れてくるのだということを実感しました。

もちろんここにも新聞社の取材がきています。最後には子供達と記念撮影。(後日その写真が新聞に掲載される)

華やかの部分だけが目立ってしまうスポーツの世界ですがやはりこのような活動を地道にしてきているからこそ、多くの観客に包まれてプレーできるのだということを良く知っています。

「どのチームでもやってることだよ」(チーム関係者)

こちらでは観客をとても大切にしている例がもうひとつ。

「選手が審判に向かって何か言うことはよくあるけど、ある選手が観客の野次に向かって何か文句を言ったところ、その後その選手はクビになったんだよ!」
チーム関係者が教えてくれた。

スポーツやチームがどのようにして成り立っているのかをこの国の人たちはとても良く知っている

P1000706.JPG
上の写真は校舎の中から撮った校庭です。
そのままフットサルコートですね☆
posted by しゅう at 01:01| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン滞在記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。