2008年02月02日

育成クラス 練習試合

育成クラスの練習試合を行いました。
8人制を合計4ゲーム。

まず、はじめの2試合。
気持ちが空回る選手、気持ちの消極的な選手が目立ち、普段できていることができない。。。
3試合目にあることをテーマに挑んだところ、徐々に一人ひとりのプレーに変化が現れました。

何が変わったのか?

もちろんまだまだボールを扱うのに一苦労はしていますが試合は確実に支配できる時間帯が多くなって来ました。
その気持ちを持った上で4試合目に挑んだところ、明らかに最初の2試合とは違ってきていました。

試合の合間には自分達で話し合いができるようになって来ました。
良いリーダーも出てきています。
こちらが指示をする前に
「これをやったほうが・・・。」
と、コーチの背中を押してきます。
実に頼もしい!!!

技術や経験は試合をする上で優位に運ぶものではありますが、それを支えるのは心です。
心ある選手が奏でるプレーには味があります。
フットボールを通じて『心』が育ってくれたらと思います。
posted by しゅう at 23:42| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュニアスクール・育成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。