2008年04月04日

スペイン滞在記UG

■4月3日(木)

本日スペイン滞在最終日。
午前中は大型ショッピングセンターにて買い物。
ほとんどの選手はスーパーで食品の買い物に終始しているようでした。
子供はやはり早いもので、すっかりこちらに馴染んでいるよう。
言葉は分からないものの、のびのびと買い物ができるようになりました。
また、現地の人に『HOLA!』と声を掛けるなど積極性が出てきただけにもう帰るのは少しもったいない気もしています。

午後は『CD TOLEDO』とのゲーム。
中高生と別会場のため高校生組は残念ながら見ることはできませんでしたが一皮向けだした中学生の姿を見ることができて満足しています。
やはり体格差があるのであらゆる面で局面は打開されますが、前日までとは比べ物にならないくらい「粘り」が出てきました。
特に後半は短いパスワークから何度かチャンスを作るなどしてらしいプレーが出始めてきました。
また、最後まで諦めずまじめにプレーするあたりは日本人の強みなのだと感じます。
試合後、相手の監督に
「体格差は否めないが、真面目にチームプレーをする姿は我々が学ばなければいけない面だ!」
というようなことを話してくれました。
スポーツをすることにより、人間教育をしているということを忘れてはいけないということを話をしてくれました。
こんな会話を真剣にそして日常的にするところにこの国のスポーツに対する価値や重みを感じます。
正しあいに勝つだけではなくそこから人生に対するあらゆることを学ぶ。
この国の多くの人がそのようなことを口にします。
そして私達日本人はそのような姿勢をもっともっと学ぶ必要があるのだと痛感しました。


これで全てのスケジュールをこなし最後は帰りの飛行機だけになりましたが、最初は外国にのまれていた少年達が徐々に慣れ始め、積極的になっていったことがとても嬉しく思います。
言葉は通じなくても、気持ちやゼスチャーで何とか会話し、意志を伝える。

たった1週間では『覗きに来ただけの経験』かもしれませんが、この経験が後の大きな何かに繋がるものにしてくれたらと思います。

ここに参加した全ての選手が、大きなチャンスを用意してくれた家族に感謝の気持ちを忘れず、これからの人生を有意義なものにしてくれることを願います。
posted by しゅう at 07:45| 岐阜 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | スペイン滞在記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんとうに、ありがとうございました。勝負に、勝ち負けは、ありますが、それ以上になにかを感じ取ってくれていると思います。いい経験を、させてくれたチームに感謝します。とてもいい人生経験になったと思います。はっきりいいますが、お前らだけいい思いしてくやしいぞ!!おれもいきたかったぞ!
Posted by u-13papa at 2008年04月05日 00:31
自分の中学時代と照らし合わせるたびに羨ましく思っていました。
あの年代で行けるのは本当に幸せです。

「俺も経験したかった!」
です。

感じるための一つの基準ができたこの1週間だったのではないかと思います。そうだとすればとてつもなく大きな経験ですね!

パパやママだけのツアー、どうですか?
それはそれで大きいのでは?(笑)
Posted by 森島 at 2008年04月05日 20:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92186771
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。